千葉ロッテマリーンズプロジェクト ファンサービス企画の提案(第2回)

LINEで送る

千葉ロッテマリーンズプロジェクト担当教員の坂井です。

本日、サービス創造学部の10名の学生プロジェクトメンバーが、千葉ロッテマリーンズ本社でファンサービスの企画を提案してきました。千葉ロッテマリーンズの皆様には、サービス創造学部の公式サポーター企業として、日頃から様々な形で学部の教育活動にご支援を頂いております。本日も営業部の長雄様、佐野様、村上様の3名にご出席頂き、2時間近くお付き合い頂きました。お忙しい中、誠にありがとうございました。

学生が本社に伺って企画のプレゼンテーションをさせて頂くのは、今回で2回目となります。今回は、前回の反省を踏まえ、在学生や新入生向けのアンケートを実施し、また企画の内容やアンケートの実施方法等について千葉ロッテマリーンズの皆様にご指導を仰ぎながら、より質の高い提案を目指して頑張ってきました。メンバーは春休み期間中も頻繁に大学に集まり、本日のプレゼンテーションに向けて準備をしてくれました。

本日提案した企画は、Team26(ファンクラブ)会員向けサービスと、女性向けサービスに関するものでした。発表や質疑の様子を見て、学生たちが着実に成長していることを確認することができました。中には関心を持って聞いて頂けた企画もあり、実現に向けて検討して頂けるのではないかと期待しています。また、学生たちにとっては、企業の方々に頂いたコメントや質疑を通じて、企画に足りなかったもの、もっとやらなければならないこと、もっと勉強しなければならないことが、以前よりもはっきりわかってきたのではないかと思います。

千葉ロッテマリーンズプロジェクトは、今年度もはりきって活動していきます。学生たちがさらに成長してくれることを期待しています。どうぞこれからも、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です