月別アーカイブ: 2017年10月

スポーツマンシップ

LINEで送る

千葉をはじめ、地域の高校スポーツに焦点を当てた雑誌『Yell sports』。この雑誌の千葉版で「スポーツマンシップ」に関する連載を担当することになりました。今年5月に急逝したわが師匠・広瀬一郎氏とともに続けてきたライフワークを形にしていきます。

 

いまどきの大学生に、「スポーツマンシップって聞いたことある?」と聞くと、全員が「知っている」と答えます。「スポーツマンシップに則って正々堂々と戦うことを誓います!」という、いわゆる選手宣誓は、スポーツに関係のない学生も含めて、全員どうやら聞いたことがあるようです。しかしながら、では「スポーツマンシップって何か説明できる?」と聞くと、誰も説明することができません。果たして、説明できないものに「則って正々堂々と戦う」ことができるでしょうか。

 

サービス創造学部の「スポーツマンシップ論」の中でも、学生たちとそんな疑問を一緒に考えています。そして、この雑誌の中でも、スポーツにまつわるさまざまなエピソードを元に、スポーツマンシップについて考えます。スポーツマンシップとは何か、スポーツとは何か、スポーツ本来の意義は何か。連載を通して、読者の皆さんとともに考えていきたいと思います。

 

千葉商科大学サービス創造学部 専任講師

中村聡宏

金融実務を愚直にマスターしよう・・・

LINEで送る

みなさん、こんにちは。千葉商科大学サービス創造学部 清水です。
いよいよ秋学期が始まりましたね。私の研究室も活動開始です。

教育面では、引き続き、銀行を中心とした金融機関で働く方々の基礎~上級能力を試す銀行業務検定試験の勉強にも力をいれています。この資格、、、金融機関にお勤めの方には馴染み深い資格ですが、学生のみなさんにはそうでもないかもしれません。そこでサラッと解説してみましょう。

全国銀行協会が主催するこの試験には、法務、財務、税務(各4、3、2級)を中心に各種あり、金融機関に勤める人々の必須知識を問うものです。いくつかの試験は、多くの場合、昇進の条件にもなっているわけで、、、金融、特に銀行、信金等を目指そうとするみなさんは、ほどよく頑張らなくてはいけません。法務3級(できれば、財務、税務3級あたりも)が目指すグレードでしょうか。

週末の午後、検定試験対策参考書をチェックしに都内の大手書籍販売店にやって来ました。あらためて資格コーナーを見渡すと、職業別の資格では、公務員受験と金融従事者向けのものが多いことに、イヤでも気づかされます。
テキストを開けてさらにビックリ!試験内容も昔に比べて広範に及んでいるようです。私自身、金融プロフェッショナルを養成する教育者として、上記各資格の2級は合格しているのですが、心なしか難易度があがっている気がします。

おっ、、、

ここで怯んではいけません。千葉商科大学は多くの金融関係者を輩出してきた名門大学です。愚直且つ地道に、はたまた着実に頑張っていきましょう。全国の金融機関の採用御担当者様、これからも、教育に、研究に、日々研鑽して参りますので、宜敷くお願い申し上げます。