サービス創造大賞2017 学内表彰式

LINEで送る

サービス創造学部学部長の今井重男です。

本日、「サービス創造大賞2017」の表彰式がありました。

サービス創造大賞は、大学生、高校生を対象にした、いままでにない新しいサービスアイデアコンテストで、今年が10回目でした。今年は、15名の受賞者のうち3名がサービス創造学部生でした。

「企業課題部門・大賞」は「街のお料理教室」を考案した両角風奈さん(1年生)。料理上手なおばあ様のおいしい料理を食べながら、「豪華ではなくてもなぜか箸が進む料理を広めたい」と着想し応募してくれました。

「企業部門・準大賞」を受賞した黒崎裕基さん(1年生)は、貧困による飢えと飽食が共存状態にある世界的社会問題-フードロスへの対応法として「訳あり商品専門店―もったいない精神」を提案してくれました。

そして「優秀賞」を受賞した鈴木亜美さん(1年生)は、生まれ育った千葉県の農産物を広く知ってもらい、もっと消費してもらいたいと考え「千産千消でつながるサービス」を応募してくれました。

受賞された皆さんは、「もっとこうすれば便利なのにな・・・」と、日々の生活で思うことが重要だと話してくれました。

どうぞ皆さんも、今日から新しいサービスを考えて、来年の大賞に応募してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です