月別アーカイブ: 2018年2月

千葉ジェッツふなばし熱い熱いDNA

LINEで送る

『千葉ジェッツふなばし熱い熱いDNA』(東邦出版)が手元に届きました。
千葉商科大学サービス創造学部「千葉ジェッツ・プロジェクト」による持込企画が
ひとつの形になり、世に出ます。

 

選手全12人に加え、ヘッドコーチ・大野篤史さん、スタージェッツ・Ayumiさん、そして
千葉ジェッツ・プロジェクトで特命講師を務めていただいているGM・佐藤博紀さんへの
独占インタビューの数々。
208ページ・オールカラーの1冊にまとまり、読みごたえたっぷりに仕上がりました。

学生たちも取材に立ち会わせていただいたり、校正業務や書店営業にチャレンジしたりと、
貴重な経験をさせていただいております。
春休み中ながら、来年度継続するメンバーは今後販促活動にもかかわっていきます。

 


▲千葉ジェッツのスター・富樫勇樹選手の取材の様子
 

なお、今週末の船橋アリーナで、早速発売開始とのこと。
ぜひアリーナや書店などでお手にとってご覧ください。

 

◆書籍概要◆
書名: 千葉ジェッツふなばし 熱い熱いDNA
著者: ミムラユウスケ
監修: 千葉ジェッツふなばし
サイズ: A5版
ページ数: 208ページ
本体価格: 1,500円(税込)

◆オンライン購入はこちらから◆
千葉ジェッツ公式サイト
Amazon

 

 

千葉商科大学サービス創造学部
専任講師 中村聡宏
(千葉ジェッツ・プロジェクト担当)

 

中村秋生教授のご冥福をお祈りします。

LINEで送る

【ご報告します】本学部の中村秋生教授が、本日ご逝去されました。謹んでご報告いたします。本日、ご自宅にお伺いしてまいりました。
葬儀(26日お通夜・27日告別式)につきましては、千葉商科大学教務部(サービス創造学部担当:047-373-9752)までお尋ねください。
合掌。

====学部教職員の皆さまへ======

雨水を過ぎましたが、霙混じりの冷たい雨がそぼ降る朝です。
さて、本日は大変残念なお知らせがあります。
中村秋生教授が本日未明にご逝去されました。
中村教授はサービス創造学部開設前より今日まで、学部運営に深く関与くださり、その存在は唯一無二でした。開設十年の節目を機に、さらなる学部発展に寄与いただけるものとご期待申し上げておりましたところ、昨夏にご体調を崩されご加療を続けていらっしゃいましたが、薬石効なく天に召されました。突然のことに驚きますと同時に、ただただ残念な気持ちでいっぱいです。
最後にお目にかかったのは今月十九日の教授会でした。薬の副作用が強く表れたせいか、「今日は調子が悪い。これじゃ、病人と勘違いされてしまう」と、いつもの笑顔で話されていました。サービス創造学部を愛してくださり、学部全体を良い方向へと導いてくださいましたことに、心より感謝申し上げております。
衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、取り急ぎまして、書中にてお知らせいたします。

平成三十年二月二十二日

サービス創造学部長 今井重男

サービス創造フェスティバル

LINEで送る

2月8日、ヤフー株式会社の上級執行役員・本間浩輔さんをお招きし、
「サービス創造フォーラム2017」を開催しました。

テーマは、「働き方改革時代の働く人と会社について考える」。
このテーマで基調講演をいただいた後、
今井重男学部長も交えたパネルディスカッションで議論いたしました。

「働き方改革」への危惧から、私たちの学びへの姿勢に対する示唆まで、
さまざまな提言とそれに基づく議論の深掘り。

お越しいただいた企業の皆様方からも好意的な反応をいただきましたように、
学生・教職員ともに、非常に有意義な時間を過ごすことができたと思います。
私自身、多くの気づきにあふれたあっという間の2時間でした。
その後の懇親会も大いに盛り上がり、さまざまな交流が生まれたようで、
学部メンバーのひとりとして、心からうれしく思っています。

あらためて、前向きにもっともっと学ぼうという意欲が湧いてきました。
本間さん、どうもありがとうございました。

 

ちなみに、この日は、「サービス創造フェスティバル」と題したように、
サービス創造学部にとっても今年度集大成の一日。
フォーラムに先駆けて、
学生プロジェクト活動報告のポスターセッションも開催されました。

1年間の活動成果を、ポスターにまとめ、
その内容を学生たち自身が説明するという、初の試み。
審査員の教員のみならず、学生同士もプロジェクト間投票を行い、
DININGで行われた懇親会の場で、「プロジェクト大賞」が発表され、
2つのプロジェクトが表彰されました。

◆プロジェクト大賞 団体賞
ジェフ千葉・プロジェクト

◆プロジェクト大賞 MIP賞(学生間投票)
パーティ・プロジェクト

私自身が担当させていただいているジェフ千葉・プロジェクトは、
「マザー牧場・ジェフユナイテッド市原・千葉ホーム観戦バスツアー」
という新規顧客開拓に向けた企画を実現したことに加え、
その参加費を下げるために企業からの協賛寄付金を集めるという、
これまでにない新たな挑戦が評価されたのではないかと思います。

正直なところ、チーム運営としては課題もまだまだ山積でしたが、
彼らにとっての、一つの自信になるとうれしいですね。
メンバーのみなさん、おめでとうございます。

受賞したプロジェクトも、それ以外のプロジェクトも、
それぞれに、成果や手応え、課題や改善点があるはず。
また来年度、新しいメンバーで、どのような活動を進めていくのか、
私自身も楽しみに、参加し、そして見守りたいと思います。

サービス創造学部にとって、長く充実した1日でした。
まだまだ、イベントや企画も続きます。
今後とも、ご支援よろしくお願いいたします。

千葉商科大学サービス創造学部
専任講師 中村聡宏