学生プロジェクトが「和」のカフェをオープン

LINEで送る

こんにちは。サービス創造学部の坂井です。

今日は、コミュニティカフェ・プロジェクトの活動をご紹介します。
7月4日から6日までの3日間、学生たちが企画する「和」をテーマとしたカフェが、学内にオープンしました。カフェの名は「和かふぇ一会(いちえ)」。

学生たちが一から企画し、運営もすべて手掛けました。
米屋株式会社(学部の公式サポーター企業)の皆様にもご協力頂きました。

和装の学生たちが、和やかな雰囲気を醸し出しています。

私も水出し抹茶とどら焼きを購入。
美味しく頂きました。

こうしたカフェを実現するまで、多くの学生たちがたくさんの時間をかけて準備をしてきました。コミュニティカフェ・プロジェクトの代表である金澤諒大君(サービス創造学部3年生)に、彼らの活動について話を聞いてみました。

坂井
「コミュニティカフェ・プロジェクトでは、どんなサービス創造を行っているのですか?」
金澤君
「単に飲み物や食べ物を提供するだけでなく、来て頂いた方が快適で楽しくコミュニケーションできる空間を提供することを目指しています。」
坂井
「今回の活動(和かふぇ一会)を振り返り、今、どのようなことを感じていますか?」
金澤君
「本当に多くの方々に支えられ、開店までたどり着くことが出来ました。支えて下さった方々、協力して頂いた皆様に、心から感謝しています。」
「今回の企画を通して多くの方々とコミュニケーションが取れ、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。」
新しいことを考えるのは難しいですが、これからもコミュニティカフェ・プロジェクトで多くのサービスを創造していきたいと考えています。」

今回のプロジェクトで貴重な経験をした学生たちが、今後どのようなサービス創造の学びに発展させてくれるのか、とても楽しみです。
コミュニティカフェ・プロジェクトの皆さん、指導にあたられた滝澤淳浩先生、大変お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です