カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

Happy New Year 2009

LINEで送る

あけましておめでとうございます。

いよいよ今春4月、「サービス創造学部」がスタートします。これも30社を超える「公式サポーター企業」の皆様、高校関係者の皆様、そして多くの学内外の方々のご指導・ご支援のおかげと感謝しています。新学部の教職員一同、昨年に引き続き打って一丸となり「サービス創造学部」を充実した研究・教育の場にするために努力する所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

新学部への入学される高校生の皆様。私たち新学部教職員は、皆さんの入学を心からお待ちしています。新しい学習・教育モデルを皆さんと一緒に構築したいと考えています。

昨年10月からスタートした「サービス創造大賞(あったらいいな、こんなサービス)」は、関東圏はもとより、北海道の稚内、紋別、滝川、東北の秋田、青森、山形、そして静岡、長野、新潟、広島など全国各地からのたくさんの「サがつくひらめき」をご応募いただきありがとうございました。応募は大晦日に無事終了いたしました。これから「公式サポーター企業」にもご参加いただき審査を開始します。大賞発表まで楽しみにお待ちください。

皆様、今年もよろしくご指導・ご支援のほどお願い申し上げます。

「日本のサービスを変えたい」「世界のサービスを創造したい」

2009年元旦 千葉商科大学「サービス創造学部」教職員一同

ウォームアッププログラム

LINEで送る

サービス創造学部 情報科目担当の鎌田です。

■ウォームアッププログラム
12月6日は「クリスマスライブ」の前に、サービス創造学部に合格が決まった高校生のみなさんを呼んで「ウォームアッププログラム」を行いました。このプログラムは、グループワークを体験してもらい、クラスメートのことを知ってもらうことが主な目的です。

まずはじめに5名程度のチームを作り、お互いにキャッチコピーを考えて名札を作ってもらいました。(写真の中でピンク色の紐を首から下げているものは、このときに作った名札です)
初めて会う人同士ですので、自己紹介をしながら相手の話を注意深く聞くことが大切です。

続きを読む

ユニバーシティアワーへのお誘い

LINEで送る

はじめまして。新学部設置準備室の柏倉(かしくら)です。

今週の14日(金)にユニバーシティアワーが行われます。

ユニバーシティアワーは学生さんをはじめ、日頃から本学を応援して下さっている地域の皆様、企業の方などに様々な魅力あるプログラムを提供し「大学の創造的な活動」を共有してもらおう!というものです。

そのユニバーシティアワーも第4回目を迎え、記念すべき4回目は「サービス創造学部フェア」を行うことになりました。

当日はなんと、オリコン週間シングルチャート60位の「eyes」が来るんです!

10月8日に出たばかりの「I’ll be there」。究極のプロポーズソング♪これを聞いた人はもう「eyes」にメロメロになっちゃうらしいです。実は私もまだ聞いたことが無いので楽しみです。

14日のユニバーシティアワー是非お越し下さい!

「eyes」にメロメロになって、そして「サービス創造学部」にもメロメロになってくれたらうれしいなぁ。。

サービス創造研究会

LINEで送る

学部長の吉田優治(経営学)です。

サービス創造学部では、先進的なサービスを提供し続ける「公式サポーター企業」約30社と連携して、「企業から学ぶ」、「活動から学ぶ」を実現するための新しい教育・学習システムづくりに努力しています。企業からのゲストスピカーによる講義、企業留学(1ヶ月のインターンシップ)の受け入れ、学生プロジェクト実践へのアドバイスなど、4年間のさまざまな場面において「公式サポーター企業」にお手伝いいただきます。

既報のJR東日本、千葉ロッテマリーンズ、HIS、セントラルスポーツなど25社に加えて、このたび新たに日本航空、JTB、帝国ホテル、加賀電子、クロスプラス(関連会社にLiz Lisa、CITRUS NOTESなど)も公式サポーター企業に加わってくださることになりました。

公式サポーター企業と新学部は、定期的に「サービス創造研究会」を開催し、新しいサービス創造について研究を続けています。次回は、11月上旬、「丸の内サテライトキャンパス」において、千葉ロッテマリーンズの執行役員・事業本部長の荒木重雄氏が「ロッテマリーンズのファンサービス戦略」、島田晴雄学長が「サービス創造の理論をめざして」をテーマに報告を行い、出席者による活発なディスカッションが行われます。将来は、「サービス創造研究所」を開設する予定です。

「サービス創造学部」は、こうした研究活動を地道に続け、サービス創造に関する研究教育分野で世界一をめざします。

スポーツジムでフィットネス

LINEで送る

学部長の吉田優治(経営学)です。

「サービス創造学部」では、全国展開しているセントラルスポーツのジムを利用して、フィットネス科目を実施します。指定された4つのジムを好きな時間に訪れ、水泳、エアロマシン、筋肉系マシン、エアロビクス、ヨガ、スカッシュなどを楽しみ、サウナ、ジャグジーバスで汗を流してリフレッシュしてもらいます。

昨晩、二人の息子を連れて自宅近くのセントラルスポーツで体を動かしてきました。仕事が忙しくなってジム通いは一時中断していましたが、心身ともにリフレッシュしました。今後は定期的に利用したいと考えています。ジム初体験の息子たちも大喜び。新学部に入学される皆さんにも、きっと楽しんでもらえるプログラムになると改めて確信しました。来年4月からは、学長を先頭に新学部の教職員もセントラルスポーツで皆さんと一緒に汗を流します。セントラルスポーツで皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

オープンキャンパスご参加ありがとうございました

LINEで送る

学部長の吉田優治(経営学)です。

昨日はオープンキャンパスに多くの高校生・保護者の方々にご参加いただきありがとうございました。皆様にお会いできたこと、新学部関係教職員一同たいへんうれしく思いました。質問やコメントなどがあればご遠慮なく新学部事務局(大学代表電話:047-372-4111)までご連絡ください。

TBSラジオで学部紹介されました

LINEで送る

学部長の吉田優治(経営学担当)です。

昨夕、サービス創造学部がTBSラジオ 2008年9月9日 「荒川 強啓 デイ・キャッチ! うわさの調査隊」に登場しました。

以下で番組が視聴できます。音質は良くありませんが、聞き逃した方は、録音したものを(しばらくの間)置いておきますので、ダウンロードしてお聞きください。サービス創造学部の話は、番組の4分50秒前後からスタートします。

以下の「うわさの調査隊」のサイトは、取材をされた長田 新さんのHPです。
http://homepage2.nifty.com/osadashin/uwacyo.htm

サービス創造学部は、多様な情報発信をこれからも積極的に行い、学部の理念、教育システム、そして研究についてご理解いただけよう努力したいと考えています。

サービス創造学部 関連記事

LINEで送る

記者会見の内容について、新聞等で取り上げて頂きました。これまでの記事も含めて紹介します。

2008/9/5
FujiSankei Business i. (フジサンケイ ビジネスアイ)総合
 「サービス創造学部」来春開設 千葉商科大学
 http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200809050053a.nwc

2008/9/5
 日刊工業新聞
 「サービス創造学部」実学重視 インターンシップ導入

2008/9/5
 日刊工業新聞 Business Line 新技術・新製品
 千葉商科大、「サービス創造学部」の概要発表
 http://www.nikkan.co.jp/news/six06.html
 http://www.nikkan.co.jp/news/six06_20080905.html

2008/8/8
 キャンパる・情報伝言板 毎日jp(毎日新聞)
 サービス創造学部開設
 http://mainichi.jp/life/edu/campal/news/20080808dde012100090000c.html

2008/7/27
 asahi.com(朝日新聞社) 教育
 新学部は重役通学?新聞・朝食ごゆっくり 千葉商科大
 http://www.asahi.com/edu/news/TKY200807260072.html

サービス創造学部開設 記者会見

LINEで送る

 サービス創造学部の鎌田です。

 本日14時より、Galleria商.Tokyo(丸の内サテライトキャンパス)において、新学部開設についての記者会見を行いました。公式サポーター企業10社11名の方、プレス関係者17社22名の方にお越しいただき、記者会見は成功のうちに終了しました。お忙しいなか足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございます。

 記者会見の内容を簡単に紹介致します。
 まずはじめに、島田学長よりサービス創造学部の開設目的や将来像についての説明があり、続いて、学部長より、学部の特徴、カリキュラム、入試についての説明がありました。
 そして、公式サポーター企業の代表として、株式会社ユミカツラインターナショナル代表取締役社長の桂由美様からお話を頂きました。少子化、非婚化問題への対策のひとつとして「恋人の聖地」プロジェクトに積極的に取り組まれているそうです。サービス創造学部でも「プロジェクト実践」などを通して深く関わって行ければと思います。
 最後に質疑応答がありました。ここまでは予定通りに進行していましたが、活発な意見交換があり、少しだけ時間をオーバーして終わりました。

 本日の内容が各種媒体に取り上げられ次第、改めてこのブログでお知らせするつもりです。どうぞご期待下さい。
 記者会見のあとも、教職員でサービス創造学部の未来について侃々諤々の議論を闘わせました。みんな、サービス創造学部のスタートに向けて燃えています。

本日午後、記者会見です。学部長・吉田優治

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。このブログを通じて、多くの方々に「サービス創造学部」をご理解いただきたいと願っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

本日(9月4日)14:00から、Galleria商.Tokyo(丸の内サテライトキャンパス)において新学部開設についての記者会見を予定しています。これまで大手新聞社を含む約20社から参加申し込みをいただいています。公式サポーター企業の関係者も多数同席していただく予定です。島田晴雄学長から新学部開設について、学部長の私から学部の教育について説明させていただく予定です。

「サービス創造学部」は、これからも積極的に情報発信していきたいと考えています。記者会見の模様については、本日中に報告したいと考えています。