作成者別アーカイブ: 中村聡宏

ジェフユナイテッド・ホームゲーム観戦バスツアー

LINEで送る

7月1日(土)、サービス創造学部の「ジェフ千葉・プロジェクト」のメンバーたちが、Jリーグのクラブ「ジェフユナイテッド市原・千葉」のホームゲーム観戦バスツアー開催に向けたテストイベントを行いました。

「サッカー観戦に行こう!」といっても、なかなかサッカー観戦に興味のない若者たちをスタジアムへと誘うことはできません。そこで、地元・千葉の魅力を知るための「グルメ」「レジャー」「観光」「交流」などと「サッカー観戦」を結びつけようと、昨年度ジェフユナイテッド社に提案したのがこの「ホームゲーム観戦バスツアー」の企画です。これまで、サポーターを募って相手チームの地域へ観戦に行くアウェイツアーは開催されてきましたが、ホームゲームを観戦するバスツアーは開催されていないということもあり、同社からも「ぜひ実現させましょう!」という声をいただきました。今回は、秋学期のツアー開催に向けたテストイベントとして実施されました。

マザー牧場と富津公園を回り、フクダ電子アリーナへと向かうプランに、プロジェクトメンバーと有志希望者を加えた33人が参加。一行は西船橋駅南口に集合し、出発。一路、マザー牧場へ向かいます。

 

バスの中では、学生の司会のもと、さまざまなゲーム企画が用意されていました。

 

マザー牧場では、動物と戯れるファームツアーや、羊、牛、豚、野菜食べ放題のジンギスカンなどグルメも楽しみます。

 

続いて訪れた富津公園。あいにくの曇り空でしたが、それでも展望台からの景色はなかなかの絶景でした。

 

いざ、フクダ電子アリーナへ。バスの中で応援練習をして、臨戦態勢は万全です。

 

スタジアムに着くと、空には晴れ間が広がってきました。そして、いよいよキックオフ。

この日のジェフは、終始ボールを保持しながら自分たちのペースでゲームをコントロール。前半を1-0で折り返すと、後半は3ゴールを重ねて4-1で、見事大分トリニータに勝利。ツアー参加者の中には、サッカー初観戦のメンバーもいましたが、なかには決定的なゴールシーンを動画で収めた人も。一同大興奮の結果となりました。

 

手応えと反省と。終了後の学生たちからは、すでにさまざまな意見が出ています。本番に向けては、ここがスタート。この経験をいかしながら、秋のツアーへとどのように結びつけていくのか、今から楽しみです。

 

サービス創造学部 専任講師 中村聡宏

千葉ジェッツ2016−17シーズンパートナー感謝祭

LINEで送る

千葉商科大学サービス創造学部、専任講師の中村聡宏です。

5月31日に行われた「千葉ジェッツ2016−17シーズンパートナー感謝祭」に出席させていただきました。Bリーグ開幕年、見事天皇杯を制覇。チャンピオンシップでは初代チャンピオンに輝いた栃木ブレックスに破れたものの、ファイナル8強入りを果たし、千葉ジェッツ個々にあり、というところを見せてくれました。

Bリーグ断トツトップのを観客動員を誇り、マスメディアでも多くの注目を集めた今季のジェッツでしたが、地元企業からも多くの熱いブーストをいただいていることがよくわかる温かな会でした。

会の中で、島田慎二社長がBリーグ副チェアマンを兼務になることが発表され、ゲストでお越しになっていたBリーグの川淵三郎エグゼクティブアドバイザーからも、「島田さんの力をバスケットボール発展のためにお借りしたい」という話がありました。これまでに聞いたことのない兼務人事ですが、バスケットボール界発展のために、ひいてはスポーツ界全体の発展のために、大きな成果を残していただくことを期待しております。そしてさらに、そんな島田社長率いるジェッツとともに、一人でも多くの学生たちが刺激をいっぱい受けることを期待しております。

どうもありがとうございます。そしてますますよろしくお願いいたします。そんな気持ちにさせていただく感謝祭でした。

Go! JETS!!

 

冒頭、島田慎二社長よりご挨拶。B.LEAGUEの副理事長(副チェアマン)兼任が発表されました。

B.LEAGUEの川淵三郎エグゼクティブアドバイザーから「バスケットボール界発展のために島田さんの力をお借りしたい」とメッセージ。

麒麟・田村さん、大西ライオンさんが登場。ジェッツチャンネルで、選手たちの説教部屋企画を公開収録。

島田慎二社長(中央)、今井重男サービス創造学部長とともに。島田社長には、来る6月7日に、大学のユニバーシティアワーでご講演をいただく予定です。

スタジアムの裏側

LINEで送る

スポーツビジネスにおける商品「ゲーム」が生産されるのは「スタジアム」。そのスタジアムの裏側はどうなっているのか、普通のチケットでは決して入れないエリアを見せていただくのが「スタジアムツアー」です。ある意味、スポーツビジネスの世界の工場見学のようなものでしょうか。プロスポーツ興行におけるファンサービスの一環として、日本でもすっかり定着してきました。

プロサッカークラブ「ジェフユナイテッド市原・千葉」も、ホームスタジアムである「フクダ電子アリーナ」で、マッチデースポンサーなどを対象にしたスタジアムツアーを行っています。そして先日、ジェフユナイテッドさんのご厚意もあり、サービス創造学部のスポーツビジネス・プロジェクトの学生たちも、このフクダ電子アリーナのスタジアムツアーに参加させていただきました。

当日のベンチ入り選手のユニフォームが飾られた選手ロッカー(メンバーの公式発表前!)、ドーピングルーム、ピッチまわりなど、選手と同じ視線でスタジアムを見せていただくことができました。学生たちも興奮しながら参加していました。

4月には、マリーンズのホームゲームを「ZOZOマリンスタジアム」で、千葉ジェッツのホームゲームを「千葉ポートアリーナ」で観戦しましたが、そんな彼らの目に、サッカー専用スタジアムとの違いはどのように映ったのでしょうか。今後各プロジェクト内でフィールドワークレポートがされるので、それを楽しみにしたいと思っています。

従前のようにただ試合を楽しむだけではなく、サービスを提供する側の視点でスポーツを観ることは、彼らにとって新たな体験。こうした経験が、どのような活動に結びついていくか。さらには、スポーツに限らずサービス創造マインドを養っていってもらえれば、と刺激いっぱいで成長してもらうことを楽しみにしています。

 

緑のピッチと白いボールと青空と。コントラストがきれいです。

 

試合前の選手ロッカー。静かに緊張感が漂います。

 

記者会見エリアで。気分は選手? 監督? 社長?

 

メンバーは、普段来られないような場所まで連れてきてもらって大変興奮していました。

 

ロアッソ熊本との1戦は指宿洋史選手の同点ゴールで1−1のドロー。苦しい中でジェフは勝点1を積み上げました。

 

 

千葉商科大学サービス創造学部 専任講師

中村聡宏

フィールドワーク第1弾 @ZOZOマリンスタジアム

LINEで送る

千葉商科大学サービス創造学部には3つのスポーツビジネス・プロジェクトがあります。「千葉ロッテ・プロジェクト」「千葉ジェッツ・プロジェクト」「ジェフ千葉・プロジェクト」。千葉の名を冠した、野球・バスケットボール・サッカーというプロスポーツ3クラブを運営する公式サポーター企業と連携して、学生によるプロジェクト活動が展開されています。

2017年度がスタートして2週目、早速、メンバーたちはZOZOマリンスタジアムへ。3プロジェクト計70人超の学生たちが、キャンパスを飛び出してフィールドワーク&勉強会にやってまいりました。試合をただ観戦するのではなく、「サービスを提供する側はどのような視点で運営・経営をしているのか」を体感すべく、さまざまな視点からプロ野球を学びます。

▼ライトスタンドの向こうには富士山の頭がくっきりと

 

株式会社千葉ロッテマリーンズの瀬田友樹氏(事業本部 営業部 営業グループ チーフ 兼 ファンサービスプロジェクト)は、毎週のように大学にお越しになり、千葉ロッテ・プロジェクトの特命講師として学生を指導してくださっています。そんな瀬田特命講師がこの夜はスタジアムで学生たちをお出迎え。関係者やVIPしか入れないエリアなどさまざまな場所をご案内いただくスタジアムツアー&レクチャーをしていただきました。

▼スタジアム内VIPエリアのカンファレンスルームでの勉強会

 

ZOZOマリンスタジアムを指定管理者として運営するマリーンズが取り組む、スタジアム一体型経営の様々な取り組みを解説。チケッティング、スポンサーシップ、デジタルを含めた放映権、グッズ等のライセンス、そして飲食を含めたスタジアム事業。それぞれの収益を得るためにどのような工夫が施されているかの説明を受け、そして、それをリアルに確かめた学生たちの目は真剣そのもの。鋭い質問がいくつも飛び、瀬田特命講師もそれらに対して一つ一つ真剣に丁寧に答えてくださっていました。

▼今年内装をリニューアル、販売エリアを拡大した「マリーンズストア」でグッズ販売に関するレクチャー。グッズ担当の齋藤勲志氏(事業本部 企画部)も飛び入り解説。

 

このような贅沢な体験を提供してくださる瀬田特命講師をはじめとする球団関係者のみなさんに心より感謝申し上げます。この日のZOZOマリンスタジアムは、夜になって強い北風が吹き荒れる極寒模様でしたが、おかげさまで、そんな寒さもふっとぶような熱い課外授業となり濃密な時間を過ごすことができました。自分たちのプロジェクトが関わるスポーツだけではなく、さまざまな競技の興行を裏側から見せていただくことで、施設、演出、サービスなど、ハード・ソフト両面における競技ごとの興行特性を学んでいきます。そして次は、今週末、千葉ポートアリーナで行われるBリーグ・千葉ジェッツのホームゲームにも潜入予定です。

こうした体験を通した学びを、体系的な理解に結びつけること。そして、自分たちの活動にどのようにいかし、そして、どのような成果をめざすのかきちんと定義し、いかに達成していくのかが今後に向けた最大のカギ。3つのプロジェクトで切磋琢磨して刺激し合い、良き成長を遂げていくことを期待しています。

以上、今年から3プロジェクトの講義を担当している、サービス創造学部専任講師の中村聡宏でした。

 

▼今井重男学部長も学生たちの様子を視察

▼(左から)千葉ロッテ・プロジェクト、千葉ジェッツ・プロジェクト、ジェフ千葉・プロジェクト

千葉ロッテ・プロジェクト2016完結

LINEで送る

新年はまだまだ始まったばかりですが、大学はいよいよ年度末。講義も最終回が近づいてきて、試験前の緊張感がキャンパス内を包んでいるような気もします。

そんな中、1年間走り続けてきた今年度の「千葉ロッテ・プロジェクト」も最終回を迎えました。このプロジェクトでは、年間の活動を振り返り、プロジェクトメンバー間投票によって選ばれる「ベストナイン」をはじめ、「特別功労賞」「ゴールデングラブ賞」「シルバースラッガー賞」そして「MVP」を選出し表彰しています。

今年のMVPは副リーダーを務めた3年生、渡辺祐太くんでした。リーダーの大柳莉奈さんを縁の下で支えながらプロジェクトを牽引した活躍ぶりが、下級生から上級生まで、他のメンバーたちから圧倒的な評価を受けて、堂々の受賞となりました。表彰状授与の後には、千葉ロッテマリーンズの瀬田友樹特命講師から副賞として「ロッテのお菓子詰め合わせ」のサプライズプレゼントも。

▼MVPを受賞した渡辺祐太くん(左)と副賞を送る瀬田友樹特命講師

総勢39名、得た学びや課題、そして、来年度以降の活動やスタンスは各自さまざまですが、メンバー個々に確かな成長を感じながら来年度に向かってくれることと思います。このメンバーによるプロジェクトはこれで「解散」ということになりますが、こうしてひとつのチームで力を合わせてきた思い出を胸に、この先もこの縁を大切にしてほしいと願っています。

みなさん、楽しい1年をありがとう。

 

サービス創造学部専任講師、千葉ロッテ・プロジェクト担当の中村聡宏でした。

バスケットボール新時代を迎えて

LINEで送る

2016年9月22日――。
華々しく開幕したのが、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」。
そのB.LEAGUE開幕のチェアマン(理事長)として歴史に名を刻んだ大河正明氏に、千葉商科大学ユニバーシティアワーのゲストスピーカーとしてご登壇いただき、「バスケットボール新時代を迎えて」というテーマでお話を伺いました。

NBLとbjリーグに分裂していた国内のトップリーグを一本化し、

====================
前例を笑え!常識を壊せ!限界を超えろ!
「BREAK THE BORDER」
====================
をB.LEAGUEバリューとして掲げ、新しい歴史を歩み始めたバスケットボール界。

野球、サッカーと比較すると、まだまだビジネス規模は小さいものの、若者世代や女性への人気や、アリーナスポーツのエンターテイメント性、デジタル化推進戦略など、ポテンシャルに富んだプロバスケットボールの大いなる可能性を感じることができた講演でした。

今年の1月9日には、サービス創造学部の公式サポーター企業である「千葉ジェッツ」が、天皇杯(全日本総合バスケットボール選手権)初制覇。また、1月15日に開催されたB.LEAGUE初のオールスターゲームでも、所属する富樫勇樹選手がMVPを獲得と、波に乗る千葉ジェッツ。

そんな千葉ジェッツはもちろん、同じく公式サポーター企業として提携するプロ野球「千葉ロッテマリーンズ」、Jリーグ「ジェフユナイテッド市原・千葉」のスタッフも聴講に訪れ、大河チェアマンの話に興味深く耳を傾けていました。
また、講演終了後には、学生たちからも複数の質問が飛びかい、あらためて、若い世代からの注目・関心の高さも感じることができました。

ワクワク満載の90分。
大河チェアマン、本当にありがとうございました。
創造を続けるB.LEAGUEの発展を、学生ともども応援したいと思います。

 

サービス創造学部専任講師
中村聡宏

 

 

▲ご登壇いただいたB.LEAGUE・大河正明チェアマン

▲Mr.千葉ジェッツ・佐藤博紀さんも学生の前でバスケットボールの魅力をアピール

イオンシネマで映画鑑賞&フィールドワーク

LINEで送る

この秋、サービス創造学部では、
公式サポーター企業・イオンエンターテイメント株式会社との
共同企画特別講義「映画興行におけるサービス創造」を開講中。

この日は、イオンシネマ幕張新都心に学生たちとともに出向き、
羽藤司総支配人より映画館ビジネスに関するお話を伺った後、
小松菜奈・菅田将暉主演の話題作『溺れるナイフ』を鑑賞する、
という贅沢なカリキュラムを堪能しました。

日々、現場でサービス向上を追求するビジネスマンのお話は、
生々しい刺激に満ちあふれていました。

鑑賞作品は、学生たちと同世代の若者の恋愛・青春ストーリー。
ディープな出来事と、それをめぐる若者たちの心苦しいほどの
葛藤が描かれています。
終了後の感想戦は、ぜひイオンモールのレストラン街で!
……という感じで、最後まで興味深く目が離せない作品でした。

彼らが、「映画興行」「宣伝」といったマーケティング視点で、
映画をどこまで楽しみながら鑑賞できたのか。
来週のレポートがまた楽しみ、待ち遠しい限りです。

サービス創造学部専任講師・中村聡宏でした。

 

14054066_1158538044222784_6363340213622021886_n▲イオンシネマ幕張新都心・羽藤司総支配人からのレクチャー

千葉ロッテマリーンズ公式戦「千葉商科大学マッチデー」

LINEで送る

「サービス創造学部」専任講師の中村聡宏です。

8月30日(火)QVCマリンフィールド(千葉県千葉市)で行われたプロ野球公式戦「千葉ロッテマリーンズvsオリックス・バファローズ」の一戦は、「千葉商科大学マッチデー」として開催されました。台風10号の影響が心配されましたが、試合前に何度か雨がパラつくことはあったものの、試合中はすっかり晴天に恵まれ、無事に開催されることとなりました。

サービス創造学部「千葉ロッテ・プロジェクト」のメンバーを中心に、「ジェフ千葉・プロジェクト」「千葉ジェッツ・プロジェクト」のメンバーもサポートに駆けつけ、試合前から千葉商科大学PRブースでの企画を準備。

チケットの引換はもちろんのこと、選手のサイン入りグッズや公式サポーター企業からご提供いただいた景品があたる「チャリティ抽選会」、マリーンズ×CUCがコラボした「オリジナルチャリティTシャツ」やマリーンズ×ジェフ×ジェッツがコラボした「オリジナルチャリティタオル」の販売、さらには、選手の等身大パネルを球団からお借りするなどした「フォトブース」など、さまざまな企画を準備してお客様をお迎えしました。

14203106_1075868355823087_8650016298180183609_n

 

スタジタム外周では、学生たちがさまざまな企画をお知らせしたウチワを配布して、ブースへ誘導しようとご案内する姿も。また、試合前のボールパークステージでは、吹奏楽部と、チアダンスチームglitter’sが競演。ステージ前で待ち受けていた大勢の観客を盛り上げました。

image

 

試合に先駆けて行われた、ファーストピッチセレモニーでは、千葉ロッテ・プロジェクトが企画、マリーンズ・キャプテンの鈴木大地選手や、球団の現スペシャルアドバイザーで国際教養学部の里崎智也特命講師をはじめ、多数の学生・教職員に出演いただいたCM「We are 千葉商大!」を放映。

▼We are 千葉商大


 

そこへ、マリーンズ・ジェフ・ジェッツ3球団のマスコット「マーくん」「ジェフィ」「ジャンボくん」が揃って登場。清田育宏選手、鈴木大地選手、荻野貴司選手を相手に、野球、サッカー、バスケットのボールを使って始球式を行いました。3球団を全力で応援する千葉商科大学ならではのイベントとなりました。

14141890_1075635415846381_4160591393649325249_n14080062_1075630639180192_8531678336660253739_n

 

 

2回裏終了後の、Bゲート前では、3クラブのマスコットとglitter’sによる写真撮影会も開催。来場者の想い出づくりに一役買いました!

14192748_1075696409173615_7316583073986681629_n

 

 

glitter’sはM Splushとともに、7回にも、グラウンドでパフォーマンス!

14102454_1075868399156416_7189850465216110605_n

 

風が強く、花火が打ち上げられなかったり、試合も4ー6とマリーンズが敗れ、マリーンズファンには残念な結果となりましたが、それでも、接戦の好ゲームの中、無事にマッチデーを終えることができました。学生たちは、帰路に着くファンにお声がけをしてチャリティに参加してもらったり、ラッキチャンス抽選に当選した方々の対応をしたり、と、試合終了後も夜遅くまで対応していました。

image

 

チャリティ総額も昨年を上回る17万円あまりの金額を集めることができました。写真は、寄付先となる公益財団法人東日本大震災復興支援財団の大野晃史氏。学生たちに負けじと先頭に立ってお客様の呼び込みをしてくださいました。

14100388_1076224239120832_3941399189587248974_n

 

思った通りにうまくいったこと、思い通りにいかなかったこと、さまざまだったと思いますが、学生たちにとっては大きな手応えを掴んだ1日になったのではないでしょうか。

さまざまな無理なリクエストを引き受けてくださり、熱いサポートをしてくださった瀬田友樹特命講師をはじめ、千葉ロッテマリーンズ球団のみなさまに、改めて心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!

14102403_1075868309156425_6002781724124909916_n

 

 

 

快挙!銀メダル!!

LINEで送る

「サービス創造学部」専任講師の中村聡宏です。

リオデジャネイロ五輪で陸上男子4×100mリレーを、オリンピックスタジアムで観戦する機会に恵まれました。陸上競技は、個と個の力の勝負が見ものですが、国と国とが威信をかけて戦うリレー種目は、その中でも花形。100m、200mに続き3大会連続3冠を目指してウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)が出場するスタジアムは、決勝を前にして、異様な熱気に包まれていました。

メダル獲得に挑むチームジャパンは、山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の4選手が出場。山縣選手の好スタートから、完璧なバトンリレーを見せた日本は、37秒60のアジア新記録をマークして、見事銀メダルを獲得しました。大きなミスがなかった米国チームにも先着しての銀メダルは、「世界を驚かせる走り」だったと言っていいでしょう。スタンドで観ていた私も、興奮で鳥肌を立てながら思わず「行け〜っ!」と絶叫していました。

メダリスト会見では、

「ジャマイカに勝てるイメージは、正直なところ沸かない。」

「9秒台を出して、決勝に残れるように、個人の走力をあげること。」

と、現状の課題を口にして、4年後を見据えた4人の若きスプリンターたち。決して簡単な道のりではないとはいえ、まだ20台前半の若者が、今後どんな飛躍を遂げるのか。一番いい色のメダル獲得も夢ではないかも、と期待を抱かせてくれる4人です。

3カ国の選手たちがウイニングランをしている最中、女子5000mの表彰式が行われました。ケニア国歌が流れたその時、各国の選手たちに声をかけるボルト選手の姿がありました。全員で揃って、国旗の掲揚を見つめます。こんな振る舞いが自然にできるのも、国を背負うトップアスリートならでは……と思わされるシーンでした。

DSC_8295_2