平成のおわりに:サービス創造学部の永遠の課題とは

LINEで送る

今日で平成という時代がおわります。
この4月に迎えたサービス創造学部の新入生226名(学部11期生)は、平成最後の新入生となります。

私自身が大学に入学した31年前は、まだ昭和という時代でした。当時はそんな自覚もなく、最近になって気がついたのですが、私たちは昭和最後の新入生でした。
平成を迎えた頃、世の中はバブルの熱に浮かされていました。学生だった私たちは、大人たちが手にする贅沢なブランド品や高級車に憧れました。
しかし社会に出てみると、すでにバブルは崩壊していました。そこで目にしたものは、リストラ、大企業の倒産、数々の不祥事など、学生時代に思い描いていた世界とは、まったく異なる光景でした。高度成長期に育ち、経済成長が明るい未来をもたらすと信じる戦後昭和期世代の私たちにとって、それは耐え難いものでした。

もちろん、今思い返せば、人びとの幸福は経済的な豊かさだけで実現できるものではないことも、ましてやブランド品や高級車を手に入れることでないことも実感しています。一方、敗戦から立ち上がった戦後昭和期には、経済成長を何よりも優先せざるを得なかった事情があったことも、理解しておかなければならないでしょう。
ここで申し上げたいことは、物事には不易流行があるということ、つまり今は当たり前と思っていても、時代と共に変化するものがあるということです。令和の時代を迎え、人びとが信じる価値にもきっと変化がみられるでしょう。現在大学生や高校生の皆さんも、いずれ今思い描いている世界とは異なる現実に直面し、かつての私のように戸惑うことがあるかも知れません。

サービス創造学部は、今から10年前の平成21年に、何十年あるいは何百年も先の遠い未来を見据え、「サービスを通じて社会を豊かにする」という理念の下開設されました。しかし、私たちにとっての「豊かさ」の意味はきっとこれからも変化するでしょうし、したがって社会に求められるサービスもまた、変化していくと考えるべきでしょう。

「これからの社会を豊かにするサービスは何か?」「そうしたサービスをどうやって実現するか?」

これらは、サービス創造学部のすべての学生、卒業生、教職員が、これからも問い続けなければならない永遠の課題ではないでしょうか。

サービス創造学部
坂井 恵

国際税務を学ぶ

LINEで送る

春休みもほそぼそ続ける財務経理サブゼミナール、、、担当の千葉商科大学サービス創造学部 清水です。

さて、先日のサブゼミナールでは、税理士の飯田先生をお招きし、国際税務について講義していただきました。税理士業務といえば、個人や法人の納税申告、代行記帳、税務調査立ち合い等・・・を行うスペシャリストであるという認識を持つ学生さんも多いでしょう。ですが、世界中でビジネスを展開するような多国籍企業においても、彼ら(彼女ら)のような国際税務専門の税理士が活躍しています。

飯田先生は、米国の大手IT企業である(TI)テキサスインストルメンツや(HP)ヒューレッドパッカード、そしてプライベートエクイティ等を経て、現在はフィンランドに本社(HQ)を置く多国籍企業ノキアの日本法人でタックスマネジャー(税務責任者)として活躍されておられます。
あまり知られていないのですが、国際的にビジネス展開するような巨大企業においては、税務部門は花形です。Treasury&Tax(財務&税務)として財務部門の重要な業務なんですね。・・・専門的過ぎて、財務を管理しなくてはならない私も、彼からよく教わってました 笑

これからの時代、資格をとってのんびりレガシー業務ばかりやっていては話になりません。ニッチで付加価値を出せるような分野を探しましょう。税理士を目指す学生の皆さんは、たとえば国際税務のエキスパートを目指してみるのも選択肢のひとつです。私自身は、最近、製造業の経営に携わらせて頂くことが多いのですが、経営の現場だって、まだまだバリューの出せるニッチな分野がありますよ~。一緒に研究していきましょう。

企業の皆さま、財務会計や金融に強い実業人を輩出し続けてきた千葉商科大学を、引き続き宜しくお願い致します。

千葉ジェッツ・プロジェクトの活動が各種メディアに

LINEで送る

©CHIBAJETS FUNABASHI / PHOTO : Junji Hara




2018年度も年の瀬に近づきつつあります。
千葉ジェッツ・プロジェクトの活動を、様々なメディアに取り上げていただきました。

年末の千葉商科大学マッチデー「紅白籠合戦」では、
毎日新聞「キャンパる」コーナー担当の学生記者に方々に取材していただきました。



また、もっともっと、船橋アリーナを熱い声援で埋め尽くそうということで、
シーズン当初から取り組んできた「ブースト強化プロジェクト」も、
千葉ジェッツふなばし公式Youtubeチャンネルのジェッツチャンネルで
連載していただきました。

マッチデーまでの道のりとその結末は……。
ぜひご覧ください。

【千葉ジェッツチャンネル】



◆大学生がチームのために緊急会議 | ブースト強化プロジェクトVol.1
◆スポーツ観戦の秘儀教えてもらいました。| ブースト強化プロジェクトVol.2
◆学生応援団いざ船橋アリーナに参戦!! | ブースト強化プロジェクトVol.3
◆船橋アリーナ熱狂の渦へ??!! | ブースト強化プロジェクトVol.4


もちろん、ブースト強化プロジェクトをはじめ、
プロジェクト活動はこれでおしまいではありません。
学生メンバーはまた入れ替わりますが、引き続き、継続しながら進めるもの、
また新たにチャレンジすることを含めて、2019年度も学生たちがガッチリと
活動できるように見守っていきたいと思っています。
どうぞご期待ください!

千葉商科大学サービス創造学部
専任講師 中村聡宏

サービス創造フェスティバル2018

LINEで送る



学部の年度忘年会的なイベントとなりつつある「サービス創造フェスティバル」。今年は2月8日(金)に開催されました。公式サポーター企業・アライアンス企業から約80名の企業人。20名あまりの保護者、そして、200人超の学生が参加し、盛大に開催されました。

第1部は学生による「プロジェクト&ゼミナール活動報告ポスターセッション」。年間の活動を各学生が発表してくれました。コミュニティカフェ・プロジェクトと千葉ジェッツ・プロジェクトのコラボカフェのコーナーも。

第2部は、「サービス創造フォーラム」。ソフトバンク株式会社 CSR統括部 統括部長の池田昌人氏をお招きし、基調講演「AI・IoT 時代の人材と企業」、そして、「未来を想像するサービス創造人材になろう」というテーマで学部長とのトークセッションを実施しました。ソフトバンク社が想像する未来を見据えながら、いま私たちはどう成長すべきなのか、という話は、来場者・学生ともに非常に示唆に富む内容になったと思います。あらためて、教育機関としての大学のあり方を考えさせられる、刺激的な時間になりました。

続く、第3部は「懇親会」。多くの企業のみなさま、保護者、そして学生たちが交流を図り、大いに盛り上がりました。会の中では、学部表彰学生の紹介や、ポスターセッションの発表結果を受けて「プロジェクト大賞」の発表が行われました。今年のプロジェクト大賞は「千葉ジェッツ・プロジェクト」、そして、学生間投票で選ばれたMIPは「コミュニティカフェ・プロジェクト」と「パーティ・プロジェクト」が選ばれました。

充実した1日となりました。参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。そして、柔軟な現場対応が数多く求められた中、臨機応変に対応しイベントを支えてくれた学生のみなさんに心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

サービス創造学部
専任講師 中村聡宏

プロジェクト報告:メディア・プロジェクト

LINEで送る



こんにちは。サービス創造学部の坂井です。

本日は、メディア・プロジェクトをご紹介します。
このプロジェクトでは、フリーペーパーの発行を通じて、サービス創造学部や地域(市川市)についての情報発信を行っています。
フリーペーパーのタイトルは『Yellow』。
今年度は10月と1月に発行されました。下の写真は先月発行された冊子です。

どのような活動をしているのか、普段なかなか見る機会がないので、プロジェクトの代表を務める鹿倉菜七海さん(3年生)と副代表の町田稜人君(2年生)に話を聞いてみました。

坂井
「プロジェクトの目的は何ですか?」
鹿倉さん
「サービス創造学部らしさを学生目線で発信することを目的として、昨年度にプロジェクトをスタートしました。」

坂井
「普段はどのような活動を行っていますか?」
鹿倉さん
「まずテーマを決め、学内や地域の人たちに取材を行い、記事にしていきます。今回のYellowは、《新しいヒト、モノ、コトに出会う》をテーマにしました。」
町田君
「フリーペーパーを発行するためのスポンサー集めも、学生たちで行っています。大学もスポンサーになっていますが、地域の企業の方々にもご協力頂きました。」

坂井
「プロジェクトを経験して、どのようなことを感じましたか?」
町田君
「取材を通じて多くの人たちと出会えたのが、何よりもよかったと思います。フリーペーパーのビジネスについても学ぶことが出来ました。」
鹿倉さん
「情報発信を通じた新しい価値の創造を目指して2年間活動し、とてもいい経験になりました。今年度はリーダーという立場になり、最初はメンバーを動機付けることに苦労することもありましたが、経験を積むにつれ、チームとして組織力が向上したことを実感しています。」

インタビューに答えてくれた鹿倉さん、町田君、どうもありがとうございました。

『Yellow』は、市川市のご協力の下、市内28か所で配布しています。町で見かけましたら、ぜひ手に取ってご一読下さい!

 

Samantha Tavasa 25th “Surprising”

LINEで送る



2019年、千葉商科大学サービス創造学部の公式サポーター企業である「サマンサタバサ」が25周年を迎えます。「365の夢を叶える」を掲げ、さまざまな企画を仕掛けていきます。2月4日に行われたそのキックオフイベントにお招きいただき、潜入してきました。

オースティンマホーン、新田真剣佑、蛯原友里、白石麻衣、倉木麻衣、板野友美、滝沢カレン、新川優愛、石川恋、鈴木愛理、オードリー亜谷香、八木アリサ、舞川あいく、E-girls、白濱亜嵐、TERU、BREAKERS……

などなど、とにかく豪華ゲスト目白押しの華やかなイベントでした。

そんな中、2019年に10周年を迎える千葉商科大学サービス創造学部も、サマンサタバサジャパンリミテッド社からお声がけをいただき、同社ブランドの「Samantha Vega(サマンサベガ)」と、スポーツビジネスプロジェクトの学生たちとでコラボします!

昨年実現した千葉ジェッツ・プロジェクトの学生提案のコラボ企画が好評だったことが、お声がけをいただくきっかけになりました。千葉ジェッツとの第2弾コラボ企画はもちろん、今回は、同じく公式サポーター企業であるオービックシーガルズ、ベイエフエムとのコラボ企画も決定!

このとてつもなく華やかなイベントの中で、コラボの連携について発表していただきました。錚々たるコラボ企画のラインナップに混ぜていただき、ただただ光栄です。

まだ発表できていないコラボも実現しそうで、記念すべき年を一緒に盛り上げることができることを幸せに感じます。来年もプロジェクト活動に参加する学生たちも、すでにミーティングをスタートさせて、楽しみにしている様子。学生たちの奮起に期待したいと思います。

大学的にはすっかり年度末なのですが、一足早く、ワクワクするような企画がスタートしました。

千葉商科大学サービス創造学部
専任講師 中村聡宏

▼サマンサタバサ25周年イベントに関するニュース(一部紹介)

GENERATIONS・白濱亜嵐がサマンサとの思い出を語る!<Samantha Thavasa 25周年キック・オフプレ発表会>

鈴木愛理、石川恋、新川優愛らがサマンサ25周年イベントに出演!<Samantha Thavasa 25周年キック・オフプレ発表会>

1月のプロジェクト報告 ~ コミュニティカフェ・プロジェクト / リラックスサービス・プロジェクト

LINEで送る



こんにちは。
サービス創造学部の坂井です。

先週で秋学期の授業が終了し、今週は期末の定期試験が行われています。
一般入試も始まりました。
授業は休暇期間に入りますが、これからは卒業生を送り出したり、新入生を迎え入れたりする準備に追われ、大学にとっては慌ただしい季節です。

さて、サービス創造学部では、秋学期も多くの学生たちが学び続けています。講義やゼミナール、プロジェクトや論文作成、また1/30に清水先生が掲載された記事にあるサブゼミナールなど、学びの場や方法は様々です。
そうした学びの一部として、今月もプロジェクトによるイベントが開催されましたので、少し紹介させて頂きます。

<コミュニティカフェ・プロジェクト>
1/10(木)~11(金)の2日間、昨年7月に引き続き、今年度2回目のカフェがオープンしました。
  
昭和レトロをテーマにした今回のカフェの名は、「喫茶 灯」です。
ウィンナーコーヒーやコッペパンなど、われわれ昭和世代には懐かしいメニューが並びました。
また初の試みとして、フリーマーケットも併設され、これまでとは違う活動にも取り組んでくれました。

<リラックスサービス・プロジェクト>
1/15(火)~16(水)の2日間、プロジェクトの学生たちが、University HUBという建物の5階にある和室で、モダンな和をコンセプトにして、利用者がリラックスできる空間の提供に挑戦しました。

  
リラックスサービス・プロジェクトは、このブログに初登場となりますが、代表の大久保泉輝君(3年)、皆川侑平君(3年)、市川貴大君(3年)の3人が、たまたま私のゼミナールに所属していたので、少し話を聞いてみました。

坂井
「今回の活動を振り返り、今、どんなことを感じていますか?」

大久保
「代表を務めましたが、人をまとめることの難しさを学びました。まだまだ反省すべき点がたくさんあります。」
皆川
「広報活動を担当し、ポスター作りなどを手掛けました。最初はやるべきことがすべて見渡せず、とても苦労しましたが、プロジェクトを通じて多くのことが学べたと思います。」
市川
「メンバーの情報共有の大切さ、常にやるべきことを見つけてすぐに行動に移すことの大切さを学びました。」

この企画の直前には、「大変だ!」「どうしよう?」などと苦労している様子を横で見ていましたが、最後には3人とも「プロジェクトに参加してよかった!」と、笑顔で答えてくれました。

コミュニティカフェ・プロジェクトの皆さん、リラックスサービス・プロジェクトの皆さん、両プロジェクトの指導にあたられた滝澤先生、大変お疲れさまでした。
プロジェクトのさらなる進化を期待しています。

サブゼミナール♪

LINEで送る



千葉商科大学 清水 久々の投稿です。

今期も、週一回、18時以降有志を集めてサブゼミナールをやっています。
このサブゼミ、予定では2時間なのですが、なんとたいてい21時を過ぎるという白熱ぶり。
今日はその一幕を・・・。

今期はなんと、本来ゼミナールが必須でない1年生の参加率が高く、先輩たちを含め総勢10名程度で運営しています。内容は、企業財務・会計、それにまつわる法務分野が中心ですが、広く経営に関する諸問題を取り扱います。ん?単体のテーマを勉強するんじゃないのか?と突っ込まれそうですが、生き馬の目を抜くような実際の経営において、そんな単純な話はそうそう転がっちゃおりませぬ。。。すべての経営課題は上級管理者のミッションであるという趣旨の下、様々な課題を取り扱っています。

さて、このゼミナールの運営ですが、本来ゼミナールは“学生主導でやるべきである”をモットーに、主として先輩が講義、その後活発に議論する、といった感じを目指しています。で、ようやく最近その体をなしつつあります。ここでの狙いは、聞く側も無論勉強になりますが、講義する側の学生の成長でしょうか。教える以上は、①聞く側の熱意を醒めさせないようにおもしろく、②わかりやすく、それでいて③内容のレベルは落とさず講義し、且つ④あらゆるツッコミにも答えなくてはならず・・・、ゆえにそれなりの予習が欠かせなくなるからです。
というわけで、教える学生は特に大変でしょうが、、、でもいいのです。どうせ企業に入り、リーダーともなれば、部下を惹きつけモチベートしなくてはならなくなるのですから。ここでその端緒をつかめばよいのです。

添付は、新規事業について講義する菊池君(4年生)です。菊池君は在学中に“新規事業企画案”を書くほどの熱血漢でした。卒業後は、その分野にジョインします。菊池君、エンジェル(主に欧米でみられるような富裕な個人投資家)のハートをつかめ!。

後輩の皆さんも、負けずに高徳の実業人を目指しましょう。興味のある学生は連絡してきてください。

企業の方々、当校にはこのような学生がたくさんおりますので、引き続き宜しくお願い致します。

2018年末「紅白籠合戦」

LINEで送る



2019年、新年を迎えました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年末、12月29日・30日に船橋アリーナで開催されたBリーグ「千葉ジェッツ」のリーグ公式戦は、“千葉商科大学創立90周年マッチデー「紅白籠合戦」”として開催されました。

千葉商科大学サービス創造学部「千葉ジェッツ・プロジェクト」のメンバーが掲げた「紅組全力応援」のコンセプトどおり、ジェッツのホームアリーナ「船橋アリーナ」は、連日5,500人を超える超満員のジェッツブースター(熱烈なファン)で真っ赤に染まりました。京都ハンナリーズを相手に迎えてのホームゲーム2連戦は、アリーナを埋め尽くした赤の大声援に応える形で見事連勝。とくに30日の第2戦は、前半から京都にリードを許す展開でしたが、第4Qにジェッツが大逆転。連勝を「6」に伸ばし、B1リーグ東地区首位タイで2018年を終えました。

今年度の千葉ジェッツ・プロジェクトでは、満員のブースターにもっともっと大きな声を出して応援してもらい選手を後押ししてほしい、という願いから、「ブースト強化プロジェクト」と銘打ち、応援を活性化しようと取り組んできました。しかしながら、5,000人を超える大観衆の面前で、30人弱のメンバーで大きな声を出して応援を煽るのは、普通の大学生にとっては至難の業。非常に難しいチャレンジです。12月29日、1日目は、練習通りになかなか声も出すこともできず、会場を盛り上げるには不十分だったと言わざるを得ない学生たちのパフォーマンスでした。

迎えた12月30日、2日目。
「振り返ったときに『人生で一番はじけたのは2018.12.30だった』と思える日になるように、考えて行動して、自分の殻を打ち破る、悔いなき1日にしてほしい」
学生にはそれだけ伝え、各自が考え、仲間と相談し、やりぬく1日になりました。

試合前の応援練習、ティップオフセレモニー、ハーフタイム。そして、マッチデープログラムの「Go JETS」と書かれたページを振って会場を盛り上げるフリフリタイム。すべてで学生たちがベストを尽くして盛り上げてくれました。

接戦でもつれる試合展開と、学生たちが懸命にブースターを煽るコールが相まって、アリーナは最高潮に。大逆転で勝利を手にしたたジェッツから、この試合では3人がMVPに選出されました。そのうちの1人、今季秋田ノーザンハピネッツから移籍してきた田口成浩選手は、「千葉商科大学の学生の皆さんが会場を盛り上げてくれて、応援が力になりました。ありがとうございました!」とヒーローインタビューでコメントしてくださいました。学生たちにとってもその言葉がなによりご褒美になりました。

また、アリーナ内では、3つのブースで来場客をお出迎え。すべてのブースが当初の期待を大きく上回る成果を上げることができました。

【チャリティスタンプラリーブース】
東日本大震災復興支援財団とコラボしたブースでは、震災から7年経ってもまだまだ復興途上の被災地・東北を支援するためのチャリティスタンプラリー企画を実施。

【サマンサベガブース】
来年25周年を迎えるサマンサタバサジャパンリミテッドのブランド「サマンサベガ」とのコラボブースでは、同ブランドと千葉ジェッツで実現したコラボグッズの販売促進企画を実施。

【キッズ向け体験ブース】
学研教育みらいとのコラボブースでは、来年度以降実施予定の新企画のための、子ども向け体験イベントとアンケート企画を実施。

プロジェクトメンバーだけでなく、千葉商科大学チアダンスチーム「glitter’s」も、千葉ジェッツふなばしフライトクルーチアリーダーズ「STAR JETS」とコラボした懸命のパフォーマンスで、会場を盛り上げてくれました。

今年のプロジェクトリーダー米内紗菜さんは、glitter’sのメンバーということもあり、二刀流での大活躍でした。苦労も絶えなかったと思いますが、船橋アリーナをあとにするお客様が口々におっしゃっていた「楽しかったね!」の一言で報われたことと思います。

ブースト強化プロジェクトはここからがスタート。引き続き、2019年も千葉商科大学サービス創造学部では、千葉ジェッツ・プロジェクトのメンバーを中心に、千葉ジェッツふなばしをしっかり盛り上げて行きたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

千葉商科大学サービス創造学部
専任講師 中村聡宏

12月も活発にプロジェクト活動が行われています! ~ ブライダルサービスプロジェクト / パーティプロジェクト

LINEで送る



こんにちは。サービス創造学部の坂井です。
早いもので、今年も残すところ1週間ほどとなりました。
12月に入り、プロジェクトの学生たちによるイベントが続きましたので、今日はその一部をご紹介します。

まずは、<ブライダルサービスプロジェクト>から。
12/7(金)夕刻、学内でブライダル・ファッションショーとブライダル・セレモニー・ショーが行われました。
  
 

華やかな衣装をまとった学生たちに見とれてしまいそうです。
会場の装飾や照明、音響、プログラムなども丁寧に作りこまれていて、終始楽しませてもらいました。
プロジェクト代表の八木颯斗君(3年生)が、終了後にコメントを送ってくれたので、ご紹介します。
(以下、八木君コメント)
「イベント当日に近づくにつれて、沢山の壁にぶつかりましたが、まわりの仲間や教職員の方々、協賛企業の方々のご支援のおかげで、無事にイベントを成功させることができました。
プロジェクト活動を通じ、沢山の壁を乗り越えたことで、とても自信がつきました。この経験を今後の活動にも活かしたいです。」

 

続いて、<パーティ・プロジェクト>です。
12/21(金)に、毎年恒例となったYellow Partyが開催されました。   
今年のテーマは「FIRST CLASS」。豪華な空の旅をイメージさせる内容でした。
料理、会場の雰囲気、スタッフのホスピタリティが、参加者みんなを楽しませてくれます。
大学のチアリーディング・チーム glitter’sも、CAに扮してダンス・パフォーマンスを披露してくれました。

 

こうしたイベントに参加し、提供されるサービスを通じて学生たちの成長を感じることが、何よりも嬉しいひと時です。プロジェクトの学生の皆さん、指導にあたられた仁平京子先生(ブライダル)、松本大吾先生、ケヴィン・ミラー先生(パーティ)、楽しい時間をありがとうございました。

さて、本日で年内の授業が終了し、明日から来年1月6日まで、大学の授業は冬季休暇に入ります。
しかし、サービス創造学部の学生たちは、休暇期間中も様々な学びに挑戦しています。
12/29、30の両日には、千葉ジェッツの公式戦をサービス創造学部の学生たちがプロデュースする予定です。
また、休暇明けの1/10、11の二日間、カフェ・プロジェクトによるカフェもオープンします。
それらの様子は後日あらためてご報告しますので、どうぞお楽しみに。