JAZZ ピアニストとDJが学生を刺激します。28日のユニバーシティーアワー!

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

9月28日(水)の全学共通科目「ユニバーシティーアワー」をサービス創造学部が担当します。今回のテーマは「音楽を創る」。今回は音楽で学生を刺激します。JAZZ PIANOの嶋津健一さん、DJのKAZUMA TAKAHASHIさんのお二人です。対談の後、演奏&DJをお願いしています。

当日は先週の試合でK−1初代大学生チャンピオンになった桑田裕太くん(サービス創造学部4年生)にも凱旋報告してもらいます。

⬛️ JAZZ PIANO の嶋津健一さん。原子力工学を学んで大学卒業後にNYで10数年間にわたりJAZZ PIANOを学び演奏活動。帰国後も国内で演奏活動を続けています。クラッシックを基礎にした「ゴージャズなJAZZ PIANO」です。

嶋津健一

⬛️ DJのKAZUMA TAKAHASHIさん。大沢伸一特命教授の門下です。2014年、burn Residency2014 Japan winner としてスペインIbizaでの世界大会に出場。全6000人の参加者の中から2週間のBoot CampにてCarl Cox,Pete Tong, John Digweedらの世界的DJ達から高い評価を受け、日本人初となる最終選考の6名に残り、約3ヶ月間Ibizaの有名クラブ(Privilege,Cafe Mambo,Ushuaia beach club)などのレジデントDJを経験。帰国後も2manyDJs,BOYSNOIZE,DJEDJOTORONIC (BNR),BUSY P ,BOSTON BUN(ED BANGER), BRODINSKI,SURKIN,(BROMANCE),YUKSEK(PARTYFINE)達のフロントアクト、競演、さらには幕張メッセにて開催された国内最大級フェスティバル,electrox 2015への出演も果たした。アナログレコードに特化したYOYOGI VILLAGE MUSIC BARでのミュージックセレクター,LEVI’S×DREAM PAPER,2016ssよりスタートしたレディースファッションブランドRIM.ARKやEVRISなど数多くの人気ファッションブランド,ランウェイショーのミュージックディレクション,音楽制作も担当している。

写真は8月からスタートした学生DJ育成プログラムでインストラクターをしているところです。写真左は一緒に指導していただいているミュージックセレクターの北郷満春さん。ここからDININGやHUB で活躍する学生DJが誕生します。

KAZUMA TAKAHASHI

 

 

 

祝Bリーグ開幕「千葉ジェッツ」を学部全力応援!

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

NBLとBJが統合したBリーグが開幕。BJリーグとしてスタートする前から応援してきました。毎年大学マッチデーも開催してきました。

「千葉ジェッツ」は「公式サポーター企業」。これまでサービス創造学部の学部教育を力強く支援していただきました。サービス創造学部は「千葉ジェッツ」を学部全力で応援します。

今年も12月3・4日は千葉ジェッツマッチデー。「千葉ジェッツプロジェクト」の今年の目玉企画は「千葉ジェッツ女子」! 島田慎二社長、監督、選手、がんばれ〜〜〜! Go JETS !

千葉ジェッツフラッグ

K-1大学生チャンピオンの桑田裕太くん(サービス創造学部4年)が28日ユニバーシティアワーで勝利凱旋報告!

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

先週末、K-1初代大学生チャンピオンを勝ち取った桑田裕太くん(サービス創造学部4年)が、9月28日(水)3時間目のユニバーシティアワーの冒頭で勝利凱旋報告の予定です。

当日のユニバーシティアワーはサービス創造学部の担当回です。その凱旋報告に後、嶋津健一さんのJazz Piano、そしてKAZUMA TAKAHASHIのDJが予定されています。テーマは「音楽を創る」です。

桑田裕太K-1

「ブライダル博覧会」から学ぶ。

LINEで送る

サービス創造学部・今井重男です。

今日は「Our Wedding Project」の学生とともに、イオンモール土浦で開催する『つくばブライダル博覧会』に来ています。
2

サービス創造学部には、「学問から学ぶ」、「企業から学ぶ」、「活動から学ぶ」からなる『3つの学び』と呼ぶ学びのコンセプトがあります。大学の講義を通じて学ぶ(「学問から学ぶ」)、企業の方から直接学ぶ(「企業から学ぶ」)、そうして得た知識を実践しながら学ぶのが「活動から学ぶ」で、プロジェクト活動はその一例です。
1

「Our Wedding Project」は、近年多くなってきた“ナシ婚”について儀礼文化・関係産業発展の面などから憂い、学生目線で結婚式の素晴らしさを敷衍するために活動しています。そして今日は、『つくばブライダル博覧会』を主催するつくばウエディング協議会に彼らの活動にご理解をいただき、プロジェクトが本年12月9日(金)に大学で開催予定の模擬挙式&模擬披露宴の運営を実践的に学ぶために、インターンとして参加させていただいています。
さぁ、午後から始まる模擬挙式&ドレスファッションショーを控え、だんだんと会場がにぎわってきました。

3

4

【速報・祝】チャンピオン誕生 桑田裕太くん「K-1カレッジ2016〜大学生日本一決定トーナメント」優勝!

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

桑田裕太くん(サービス創造学部4年生)は、今夜、国立代々木競技場第二体育館で行われた「K-1グランプリ2016〜大学生日本一決定トーナメント」決勝戦(−55kg級)に出場し、対戦相手を3R1分22秒にKOして見事優勝を果たしました。

サービス創造学部からK-1大学生日本一のチャンピオン誕生です。サービス創造学部の学生、卒業生、教職員全員の誇りです。学部を代表してお祝い申し上げます。

桑田裕太K-1

【スカイプ利用】アイスクリームショップ起業家から学ぶアイスクリームプロジェクト!

LINEで送る

IMG_6355「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

9月27日朝、NY BrooklynのVan Leeuwen アイスクリームショップの創業者で経営者のBenさんが、学部「アイスクリームプロジェクト」の学生メンバーたちに「アイスクリームショップの起業物語」、「アイスクリームの歴史」、「アイスクリームの文化」、「アイスクリームの作り方」などをスカイプを使ってNYからお話しいただくことが決定しました。

サービス創造学は、「世界一のアイスクリーム」を商品開発して秋オープンする「The University HUB」1階の「University Store」で商うことをめざし、「アイスクリームプロジェクト」を7月に立ち上げました。現在20数名の学生メンバーたちと担当の西尾教授がおいしいアイスクリームづくりを求めて活動中です。これは経済産業省採用の「In-Campus Real Business Learning」のプロジェクトの一つでもあります。

Van Leeuwen :http://www.vanleeuwenicecream.com/etnoi5cfxx9rb86aatzct19dqy23yy

今年3月にNY Brooklynのアイスクリームショップに行きました。アイスクリームトラック1台からスタートして現在トラック5台、ショップ4店舗。カリフォルニアでも店舗展開中。Brooklynの街とアイスクリームとコーヒーがマッチしてうまかった! その時に、こんな展開になるとは思わなかった。

サービス創造学部にアイスクリームストーリーが生まれる予感。

IMG_6356

IMG_6352

 

 

学部1年生の鹿倉菜七海さん「モスクワ大学」のサマースクールに参加!

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

1週間のモスクワ大学サマースクールを終了して学部1年生の鹿倉菜七海さんが無事帰国しました。モスクワ大学内の寮に宿泊し、他の国々から参加した20名の学生たちと一緒に英語での授業に参加したとのこと。現地での体験が「ロシアのイメージを変えた」と鹿倉さん。

今回は大学間交流プログラムのため往復の交通費11万円を負担。「もっとたくさんの学生に世界に飛び出してほしい」とのこと。「次はどこに行こうかな」

ロシア5

ロシア1 ロシア2 ロシア3 ロシア4

ロシア6ロシア7 ロシア8 ロシア9

学部4年生の桑田裕太君が「K-1カレッジ~大学生日本一決定トーナメント」決勝戦に出場!応援よろしく。

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

サービス創造学部4年桑田裕太さん(関東第一高校出身)が、9月19日(月・祝)に開催される「K-1カレッジ2016 ~大学生日本一決定トーナメント~」決勝戦に出場します。

9月19日(月)、国立代々木競技場第二体育館で発のK-1大学生チャンピオンをめざします。当日はインターネットTV局「AbemaTV」(https://abema.tv/) 格闘チャンネルで生中継。

応援よろしく。詳細は大学HPへ:http://www.cuc.ac.jp/news/2016/i8qio0000001wg08.html

 

「イオンエンターテイメント」×「サービス創造学部」= 映画興業サービス人材育成

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長の吉田優治です。

映画興業サービスの人材育成をめざす第一弾、公式サポーター企業「イオンエンターテイメント株式会社」との共同講義を秋学期に開講します。

映画によって学生を刺激したい、映画を観れるキャンパスを創りたい、エンターテイメントを創る人材育成を本格的にスタートさせたい。

昨日午後、「丸の内(サテライト」にて同社牧和夫代表取締役社長と私が日経新聞や東洋経済など複数のメディア取材を受けました。日本で最大のシネコン数、スクリーン数を誇る「イオンエンターテイメント株式会社」と新しい映画興業のサービス創造をしていきたい。本気でやりますよ!

「イオンエンターテインメント」プレスリリース:http://www.aeoncinema.com/company/press/16/09/0907.pdf

イオンエンターテインメント牧社長と学部長

The University HUBの完成予想図

LINEで送る

「サービス創造学部」学部長 兼「 HUB & DINING Bureu」プロデューサーの吉田優治です。

正門横の瑞穂会館(地下1階・地上5階)をリノベーションしてこの秋一部オープンのThe University HUBの完成予想図です。この空間デザインは、The University DININGと同じくLINE-INK(http://www.line-inc.co.jp)が設計しました。基本コンテンツは私たちHUB & DINING Bureauが提案し、コーディネートにTransit General Office Inc.(http://www.transit-web.com)、そして施工管理は乃村工藝社が担当しました。現在工事が急ピッチで進んでいます。

HUB前景

昨年5月11日にオープンした「The University DINING」とともに新しい大学サービスばかりでなく、学部を超えた新たな学びのためのプラットフォームになるでしょう。写真1階の右は4月オープンした「International Square」です。ネイティブの外国人インストラクターが常駐し一歩部屋に入ると日本語禁止の空間です。大学キャンパスにできた新たな外国語習得、異文化学習、国際交流の拠点です。

正面エントランスを入るとHUB とDININGの運営を担当するHUB & DINING Bureauのオフィスがあります。オフィス前にはHUB & DINING全体のサービスカウンター。カウンター前の壁にはいまパリコレでも大活躍のタイポグラファーMIKITYPEが学園創立者の遠藤隆吉博士の文章をアート作品として表現し建物に建学の精神を注入します。

正面玄関の左には年内オープンをめざして企画中の「University Store」 。大学、学部、クラブ、学生、関係企業などからのモノとサービスを委託販売方式で商います。Storeの出現により大学でのモノやサービスづくりがこれまで以上に加速することでしょう。全国の高校で商品化したモノやサービスも販売予定です。学生が通信販売で購入した商品を受け取るカウンターも新設予定で学部の公式サポーター企業とも交渉を続けています。別の公式サポーター企業とはエンターテインメントばかりでなく様々なチケットやサービスが受け取れる新たな機器設置の交渉も続いています。

また学部の経済産業省採択事業の一つとしてサービス創造学部は、このStoreで販売する「世界一のアイスクリーム」のプロジェクトも立ち上げて20名を超える学生たちがアイスクリームづくりに取り組んでいます。近くNYのブルックリンでアイスクリームトラック1台からスタートしたアイスクリームショップの経営者からスカイプを通じてアイスクリームづくりについてレクチャーしてもらう予定です。もうすぐ各学部や関係企業からの委託販売を募集する予定です。ここでは昨年から育成してきたBureau Student manager候補者たちがStoreの企画運営を行い、University Jobの学生たちをマネジメントします。

下の写真は地下一階の「Co-works Lab」の入り口です。ここは「やってみる、という学び方」のためのプラットフォームです。10名まで利用できるディスカッションルームが9室、工作室、パソコンカウンター、移動式のホワイトボードを使ってディスカッションできるスペース、ゆったりくつろぎながら思索できるソファスペース、DJブース、サービスカウンターなどがあります。ここで流れる音楽セレクトは、現在Bureau主催の「学生DJ育成プログラム」の修了者から選ばれた学生たちが担当することになるでしょう。

1

ソファスペースです。通称、「王様ソファ」に座ってイノベイティブなアイディアを発想し続けてください。

4PCスペースです。スタンディングで短時間利用するPCも準備しました。
2

このスペースでは移動式のホワイトボードを複数用意しています。思いついた時にボードを使いながらディスカッションしてください。こうしたスペースを学生や教職員がどのように使い込むのかが今後の大学にとっての勝負どころです。

3

写真は、8月下旬にスタートした「学生DJ育成プログラム」です。大沢伸一特命教授門下の北郷満春さん、KAZUMA TAKAHASHIさんが指導してくれています。私も職員の長澤さんも受講生です。音楽セレクターやDJを育成しています。9月28日(水)のユニバーシティーアワーにはサービス創造学部の担当日。「音楽を楽しむサービス」をテーマに、DJ育成プログラムを指導中のKAZUMA TAKAHASHIさんが私と対談の後、大教室でDJプレーをします。また7月のDINING JAZZ LIVEで演奏いただいたJAZZ ピアノの嶋津健一さんにも対談、演奏をお願いしています。DJ育成1

地下1階西側は「DANCE & LIVE Studio」です。大学ダンスチアチーム「glitter’s」の本拠地になります。またここでは卒業生や学生が教えるダンス教室、学生たちの企画によるダンスイベント、そして各種ライブ開催も可能です。ここではDJブースも設置可能ですのでクラブ仕様にもなります。音響システムも良質です。そして4階にはUniversity SOHOもオープンします。これまでの企業支援室を超える新たな価値創造の空間にしたいと思います。どんな入居基準を設定し、どんな使い方をしてほしいか検討を続けています。

「DANCE & LIVE Studio」です。私もダイエットのためにダンス習いたいんです。

5

現在、Bureauではこれらの施設の運用規定を作成中です。大学サービスとともに「やってみる、という学び方」の空間がもうすぐ使用できるようになります。大学としての新たな魅力の発信源にもなるでしょう。

HUB & DINING Bureauが構想して今回のリノベーションでは実現できなかった「University HOTEL」、「Shower Room」、「University Theater」、「Rooftop Bar」、「University ジャグジー」などもいずれ実現できれば最高に面白い大学キャンパスを創れるかなと思っています。まだまだ、これから!