日別アーカイブ: 2018 年 12 月 24 日

12月も活発にプロジェクト活動が行われています! ~ ブライダルサービスプロジェクト / パーティプロジェクト

LINEで送る

こんにちは。サービス創造学部の坂井です。
早いもので、今年も残すところ1週間ほどとなりました。
12月に入り、プロジェクトの学生たちによるイベントが続きましたので、今日はその一部をご紹介します。

まずは、<ブライダルサービスプロジェクト>から。
12/7(金)夕刻、学内でブライダル・ファッションショーとブライダル・セレモニー・ショーが行われました。
  
 

華やかな衣装をまとった学生たちに見とれてしまいそうです。
会場の装飾や照明、音響、プログラムなども丁寧に作りこまれていて、終始楽しませてもらいました。
プロジェクト代表の八木颯斗君(3年生)が、終了後にコメントを送ってくれたので、ご紹介します。
(以下、八木君コメント)
「イベント当日に近づくにつれて、沢山の壁にぶつかりましたが、まわりの仲間や教職員の方々、協賛企業の方々のご支援のおかげで、無事にイベントを成功させることができました。
プロジェクト活動を通じ、沢山の壁を乗り越えたことで、とても自信がつきました。この経験を今後の活動にも活かしたいです。」

 

続いて、<パーティ・プロジェクト>です。
12/21(金)に、毎年恒例となったYellow Partyが開催されました。   
今年のテーマは「FIRST CLASS」。豪華な空の旅をイメージさせる内容でした。
料理、会場の雰囲気、スタッフのホスピタリティが、参加者みんなを楽しませてくれます。
大学のチアリーディング・チーム glitter’sも、CAに扮してダンス・パフォーマンスを披露してくれました。

 

こうしたイベントに参加し、提供されるサービスを通じて学生たちの成長を感じることが、何よりも嬉しいひと時です。プロジェクトの学生の皆さん、指導にあたられた仁平京子先生(ブライダル)、松本大吾先生、ケヴィン・ミラー先生(パーティ)、楽しい時間をありがとうございました。

さて、本日で年内の授業が終了し、明日から来年1月6日まで、大学の授業は冬季休暇に入ります。
しかし、サービス創造学部の学生たちは、休暇期間中も様々な学びに挑戦しています。
12/29、30の両日には、千葉ジェッツの公式戦をサービス創造学部の学生たちがプロデュースする予定です。
また、休暇明けの1/10、11の二日間、カフェ・プロジェクトによるカフェもオープンします。
それらの様子は後日あらためてご報告しますので、どうぞお楽しみに。

12月29日・30日 紅白籠合戦

LINEで送る

12月29日(土)、30日(日)に行われるB.LEAGUEのB1リーグに所属するプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」の公式戦(シーズン第17節)となる京都ハンナリーズ戦は、「千葉商科大学創立90周年記念マッチデー」として開催されます。この試合、サービス創造学部千葉ジェッツ・プロジェクトのメンバーがプロデュースします。

今年のマッチデーは年末ということもあり、「紅白籠合戦」(籠球=バスケットボールにちなみ……)と命名。
赤色がチームカラーの千葉ジェッツふなばしを紅組、白いユニフォームを着用する京都ハンナリーズを白組になぞらえ、「紅組全力応援!」ということで、千葉ジェッツを応援します。船橋アリーナを真っ赤に染めて熱い声援を送り、今年を締めましょう!

「ブースト(応援)強化プロジェクト」
「株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドとの新たなコラボレーション」
「被災地東北を応援するチャリティー企画」
「子どものスポーツを応援するためのアンケート調査活動」
「大学&学部CM」

など、学生たちも新たな取り組みにチャレンジします。

週末のイベントに向けて、学生たちも追い込み作業中です。
学内販売チケットはおかげさまで完売いたしました!
※なお、一般販売では2階自由席・1Fゴールピット車いす席に若干残席があるようです(12月24日現在)。

学生たちがプロフェッショナルとタッグを組んで、苦労しながら制作した告知CMも、ぜひご覧ください。
プロジェクトメンバー一同、船橋アリーナでお待ちしております。

千葉商科大学サービス創造学部 専任講師
中村聡宏(スポーツビジネス・プロジェクト担当)